スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅前に残る3病院跡

郡山駅前で丸井跡(但しここは既に解体され新しいビルを建設するようだ)、ダイエー跡と並んでさらに三つ程塩漬けになっている建物がある。それは中町の太田総合病院、駅前の寿泉堂総合病院、大町の星総合病院の元病院跡だ。元病院跡というとおりそれぞれの病院は新しい病棟を建設移転し診療を続けている。ここで各病院の移転時期を振り返ってみよう。

太田病院は1989年に本体機能を市内西ノ内へ移転後、中町の方を太田記念病院と改称してしばらくは診療を続けるものの2009年に太田記念病院を閉院。余談ではあるがこの事は2008年の丸井撤退とあわせて駅前~中町にかけて人通りの大幅減少につながる。

太田西ノ内病院:西ノ内に移転してもう20数年経つ
太田西ノ内病院:西ノ内に移転してもう20数年経つ

太田記念病院跡:閉鎖されたとはいえ寂れた印象が中心市街地の沈下を物語るようだ
太田記念病院跡:閉鎖されたとはいえ寂れた印象が中心市街地の沈下を物語るようだ

寿泉堂は郡山駅前一丁目市街地再開発事業として、先ず「第一地区」としてうすいの隣に地下1階地上21階建ての新病院を建設移転し(11階までが病院、12階以上が分譲マンション)、さらに移転後「第二地区」として空いた古い建て屋を解体し地下1階地上19階建の複合ビルを建設する予定だったが運悪く再開発事業中にリーマンショックが発生。どうにか「第一地区」の新病院の完成にはこぎつけたもののここにあるとおり、「第二地区」の計画が頓挫してしまった。他の2病院跡と違い跡地の再開発計画があっただけにつくづく残念に思う。

寿泉堂総合病院:病院一体型マンションは新しいカタチとなるか
寿泉堂総合病院:病院一体型マンションは新しいカタチとなるか

寿泉堂総合病院跡:第二地区の計画再開を望む
寿泉堂総合病院跡:第二地区の計画再開を望む

最後に星病院であるが、2011年の震災により旧病院が損傷(ここに記録がある)。元々移転計画を進めていはいたのだが、震災直後から新病院の建設を開始し2013年に移転し診察を開始している。

星総合病院:看護学校併設など施設が充実
星総合病院:看護学校併設など施設が充実

星総合病院跡:震災で渡り廊下が壊れた後も新病院完成迄の2年弱この状態で診療を続けていた
星総合病院跡:震災で渡り廊下が壊れた後も新病院完成迄の2年弱この状態で診療を続けていた

星総合病院跡:壊れた渡り廊下
星総合病院跡:壊れた渡り廊下

移転した病院そのものは新しくなり機能も向上しているだろうから、何もいう事はないのであるがそれに対し跡地は活用されず放置のままだ。もう20年くらい前になるのかも知れないが、郊外に有った郡山総合病院や本多記念病院は閉院後それぞれ専門学校やマンションになっているから(まさか病院跡で怨念があるという訳でもないだろう…)駅前に位置するのが何かネックであるという事なのだろうか。

しかし、この3病院跡これからある意味可能性を秘めているとも言える。じつは郡山市では郡山市中心市街地活性化基本計画として平成26~30年にかけて中心市街地の再生に向けた事業を行っていくようだがある程度まとまった敷地があるこの3病院跡地の活用がポイントになるのではないかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あさか野

Author:あさか野
郡山の行く末を思案するロスジェネ世代の郡山市民

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。