スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエー跡地問題解決へ(短評)

丁度一年くらい前に取り上げたダイエー跡地であるが、進展が見られたので少しフォローしておきたい。(余談ではあるが、アクセス解析によればダイエー跡地問題は市民の関心が高いのだ。)

平成27年2月27日郡山市より、以下の報道発表があった。
郡山大町センタービル(旧トポス)等の売買に係る対応について【収納課】

詳細はリンク先を参照されたいが、要約すれば
・郡山大町センタービル㈱は、エリート㈱に所有する土地建物を売却すること。
・郡山大町センタービル㈱は、売却金から郡山市に2,250万円を支払うこと。
・郡山大町センタービル㈱は、売却後破産手続きを行うこと。
・エリート㈱は、大町センタービル本館を除却するとともに、敷地を郡山市の街づくりのために活用することを郡山市に約すること。
・郡山市は、上記のことを実施するのを条件に差押さえを解除する。
というものである。一方のダイエーが持つ抵当権についてはダイエーのニュースリリースには公表されていないので確認できないが、新聞・TV等の報道によれば売却金の一部を支払うことで抵当権を外した模様だ。

20年もの年月を経てようやく解決へ向かう事となったが、この20年と言う期間は生まれた子供が成人する期間だから、スピード感が無さ過ぎるとはいえば確かにそうではあるが、まぁそれはさておきとりあえずダイエー跡地問題の解決に目処がついた事は歓迎したい。

又1年前の記事で僕はこのように締めたが
もう先送りなどせず、ある程度のところで手を打ちダイエー跡地再活用によって各当事者達の懸案事項が解決される事や、落札者がこの地で行う事業により市民もそのサービスを受益する形によって少しでもプラスになればよしとすべきではないだろうかという事を結論としたい。

今回の郡山市の発表から引用すると、差押さえ解除の理由に
・市債権の一部であるが弁済が実現する。
・駅前の長期未利用の空きビルが解消されると共に、大町土地区画整理事業等の進捗や市の復興、活性化に繋がる。
・新たな税収が生まれるだけでなく、今後の税、地方交付税の損失も解消される。

など、ほぼ僕の思ったとおりの結論となった。売却先のエリートに対しても敷地を郡山市の街づくりのために活用することを郡山市に約するとの条件がつけられており、また残った本館もエリートの手によって除却する事となっているから、少なくても廃墟となっているこのビルは解体されることだけは間違いない筈だ。それによってなかなか進まない大町土地区画整理事業に弾みがつくことを期待したい。

価格破壊を謳い高度経済成長と共に拡大を続けたダイエーは各地で軋轢をおこし多大な影響を与える。郡山も例外ではなくダイエー開業時、うすいと全面戦争を繰り広げそれは国会*1でも取り上げられた程だ。(余談ではあるがうすいと同じくダイエーも産業再生機構の支援を受けるなどこの両者はただならぬ因縁にあったようだ)
しかし奢れる者は久しからずという訳でもなかろうが、バブル崩壊後ダイエーは急激に業績を悪化させ産業再生機構の支援を経て、ついにイオンの軍門に下る。さらに先だっては完全子会社化され現時点では一応名前だけは残ったが(既に商品はイオンと変わらない状態にあった)、その名前すら数年後には廃止となる模様だ。昭和を代表する企業と言えたダイエーは若干のタイムラグがあったものの平成の時代に幕を下ろしたといえるだろう。
ここ郡山でもこのダイエー跡地問題の解決によってようやく駅前に残る昭和の幕を下ろすことになりそうだ。

*1 衆議院会議録情報 第076回国会 商工委員会 第9号(非常に長文であるので郡山で検索されたい)

解体される事になる旧ダイエー本館、結局屋上の看板が再び描かれることは無かった。
解体される旧ダイエー本館、結局屋上の看板が再び描かれることは無かった。
スポンサーサイト

真相は謎のままだが閉店を残念に思う… ビバホーム横塚店

駅の裏側にあったホームセンター。郡山市民にとってビバホームは大変馴染みのあるホームセンターではなかろうか。それはなんと言っても古くから営業していて昭和の時期、郡山においては「ホームセンター=ビバホーム」でありビバホームはホームセンターの代名詞的な存在であったからだ。その隙間を縫うように、いせやホームセンター(現カインズホーム大槻店)やジョイフル山新(今の日和田ではなく安積にあった)等も存在したがしかしそれらはあくまで2番手、3番手の存在に過ぎなかったのである。そういえばDIYという言葉を世に知らしめたジャンボエンチョーが郡山警察署裏の現カワチ城清水店にあったし、カンセキも現ダイソー郡山島店に有ったがこれらの店舗はそもそも郡山での営業期間が短かった。

ビバホーム横塚店最後の雄姿となる閉店セール
ビバホーム横塚店最後の雄姿となる閉店セール

これは何も僕一人の思い込みではなくて、福島県折込広告社の記事に(ケイヨーD2の記事なのに)ビバホーム桑野店が取り上げられている事からも窺い知る事が出来る。少し引用してみると
・「郡山市のホームセンターの歴史」と「ビバホームの歴史」の両方を担ってきた意義深い店…
・郡山市に初めて誕生した本格的ホームセンターであるこの店の成功をステップに、ビバホームは黎明期のホームセンター業界を牽引してきた。
・ビバホームの牙城とも言うべき郡山市…
等々ビバホームは郡山市民と共に歩んで来た訳で、なるほど親しみを持つのも当然といえるだろう。それに郡山市内には桑野店をはじめとして大槻店、安積店、喜久田店と4店舗を構え更に旗艦店たる桑野店はバブル期に建て替を実施するなど磐石の体制で営業を続けても来た。

だがこの磐石とも言える体制にも変化が訪れる。それは2000年前後の旧大店法廃止とそれに変わる新大店法施行による出店ラッシュだ。先に述べたジョイフル山新は日和田に、カインズホームは富田に、イオンタウンにはメガマート(現在は閉店しおしゃれ館)、そしてすこし遅れてケイヨーD2(最初は亀田の現みどり書房に進出したが後に安積店に集約)と出店し各社入り乱れてビバホームの牙城たる郡山市に次々と攻め込んで来たのである。

これに対しビバホームも新な旗艦店となる横塚店を出店し迎撃体制を整え応戦するが、ビバホームにとって少々不幸だったのはホームセンター黎明期から営業していただけに横塚店・桑野店以外の店舗が少々古かったことだ。それゆえ古く手狭な安積店が新しく広いD2と対峙するには力不足で閉店に追い込まれてしまったし、喜久田店も同様だったのだろう。しかし、閉店したのは古い小規模店舗であったからある意味仕方のない事であったともいえる。

その後は各社が均衡状態を保ちながら営業を続けて来た。ややマニアックな品揃えと家具も扱う山新(山新は家具の山新でもある)、近年ホームセンター業界でコーナンと熾烈な首位争いを繰り広げてきたカインズホーム(DCMホールディングスの誕生により現在は業界2番手)、関東から北上し都会的な売り場構成を採るケイヨーD2、そして黎明期から業界を引っ張って来たという自負のあるビバホームといった具合だ。しかしその中で最近のビバホームは少々勢いを落としていたように僕は感じていた。例えば週末の午前中(僕がホームセンターに行くのがこの時間帯)においての話ではあるが、レジの混雑具合がさほどでもないのである。カインズのレジはフル稼働なのにいつも混んでいるし、安積店に進出当初はかなり客足が心もとなかったD2も、最近はだいぶ盛り返し午前中からレジが混雑するようになってきたのに対し、ビバホーム横塚店のレジはそんなに混雑しおらず一体どうしたのだろうかと思っていた矢先、突然今回の閉店となった。

横塚店の閉店はビバホーム自身にも郡山市民にとっても痛手だ
横塚店の閉店はビバホーム自身にも郡山市民にとっても痛手だ

写真にも有るとおり閉店の理由は「土地賃借契約の諸事情により…」とあるから売り上げ不振ということではないのだろう。通常閉店の理由が公表されることは無いのだが、敢えて公表しているところを見ると何か地主と揉めたのは想像に難くないが当事者ではないから、ビバホーム側か地主側のどちらかがムチャな要求を出してきて話がこじれてしまったのかは不明ではある。但しこの横塚店は駅の裏側とはいえ東北本線で隔てられている郡山東部を一手に引き受けていたから商圏距離は相当広かったであろうし、実質的にヨークベニマル横塚店と一体ともなっているから集客も安定していた筈で、このビバホーム横塚店の閉店は、ビバホームにとっても郡山市民(特に駅の東側の住民)にとっても痛手だったと思う。ビバホームの牙城である郡山にて旗艦店を失い残された桑野店、大槻店(桑野店はともかく大槻店は隙間を埋める役割の店舗だ)でライバルとの戦いは厳しい事が想像されさらに勢いを落とし兼ねないし、また駅の東側の住民にとっても身近で親しみのあるビバホーム無くなってしうとかなり不便になる筈だ。

仮に(それは無いだろうが)ビバホームが別な地に新店舗を作るとしても今の郡山市内に適当な候補地など郡山市民の僕ですら思いつかない。敢えてあげれば旧パラマウント工場跡(安積黎明高校裏)があるが、ここはかなり奥まった場所にありアクセスが悪いし、真相は定かではないがベニマルがライバル店の出店を阻むため土地を押さえているともいわれる。又そこからやや南側に位置する郡山水道局の貯水池(近い将来廃止になるとされており跡地利用が注目される)があり、こちらはモールとの相乗効果がも得られそうでよいのだがこれは少し先の話になる。さらに東部幹線・荒井郡山線整備事業とあわせて行われている伊賀河原土地区画整理が行われるこの辺とか、磐越西線の新駅が出来る農業試験場跡近辺など探せば無くはないのだが、こちらも少々先の事だ。
僕は都市の魅力というのは多様性にあると常々考えているから、ホームセンターにしても様々な店舗が有る事を由とするのだ。今回の閉店は残念な事ではあるが、しかしここは是非ともビバホームに郡山の牙城を守り抜くため、ここでもうひと踏ん張りしてもらいたいのである。きっとそれは郡山市民も暖かく見守ってくれるに違いない。

さて、最後に気になるのは残ったこの建物である。なまじ建て屋が大きいうえに隣がベニマルときているから食品スーパーは考えにくい。カワチは逢瀬川をはさんだ北側(旧食品団地)に既に出店しているからこれも無いだろうし、やはり別なホームセンターということになるのだろうか。現在須賀川に進出しているホームセンター業界トップであるDCMホールディングスのホーマックがやってくるか、それともメガマートを閉店し捲土重来を狙うイオンがサンデーを引っ提げて出店するか、いやいやコーナンだって宮城県には複数出店しているから郡山進出だって出来なくは無い筈だなどと盲想は広がるが、そもそもパチンコ屋ではないかとの噂もある。しかし目の前にはニラクがあるし、しかもカワチと同じく旧食品団地にはツバメもある。会社のパチンコ好きによるとニラクが地元企業だからという訳でもなかろうが一番人気で次点がアラジンといったところだから、この場所に別なパチンコ屋は少々厳しかろうとも思えるのだ。いずれにしろ、駅の裏とは言え一等地であるからその動向に注目したい。
プロフィール

あさか野

Author:あさか野
郡山の行く末を思案するロスジェネ世代の郡山市民

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。